PETカードは、紙じゃない?

お問い合わせで「PETカードは、紙ですか?」と聞かれることが時々あります。

もちろん「PETカード」は、紙で出来ておりません。

PETカードとは、PET樹脂(ポリエチレンテレフタレート樹脂)で作られたカードのことになります。
紙のように薄いカードですが、れっきとしたプラスチックのカードになります。

今回は、この時々紙カードに間違われる「PETカード」について弊社でお聞きした事例を交えてご紹介できればと思います。

紙カードとは

紙カードは、紙種 (コート紙、マット紙、上質紙など)や
厚み(90kg、110kg、135kgなど)など複数あり、またサイズもまちまちであり、選択の幅が広いのが特徴です。
紙種やサイズによっては、家庭用のプリンターで発行も可能で、たいへん安価に作れることがメリットとなります。

PETカードとは

PETカードは0.25mm厚、カードサイズ(85.6㎜×54㎜)もJISの規格で決まっており、
薄いのに、耐久性に優れております。また折れ曲がったり破れることもありません。

また再生PETやDTPPETは、ボールペンで筆記ができる素材であり、サインパネル加工も不要です。
丈夫で長持ちであることがPETカードのメリットの一つとなります。

紙カードは耐久性が無い

紙カードは、PETカードと比べると安価に作成することができるメリットがある一方で、
使用頻度が上がれば、くしゃくしゃになったり、水に濡れてしまうと破けてしまうなど、
耐久性の低さにデメリットがあります。


こうなってしまっては、カードも使えなくなりますし、カードを発行しているお店のイメージダウンにも繋がります。

PETカードは、破けない‼

「PETカード紙みたいに薄いけど破けない?」と質問をよく頂きます。

この場合は、私はこう答えます。

「紙に比べれば、10倍以上頑丈なのがPETカードです」

もちろん、繰り返し折れ曲げ負荷を与え続ければ、破けることもあります。
(実験ではPETカードを100回折れ曲げても、破け(切断)されませんでした)
※ただし痕は残ります

よっぽどの過剰な負荷を与えない限り、破ける心配がないのがPETカードになります。
もちろん、財布のなかから出し入れの使用頻度が上がっても、水に濡れても、破けることはありません。

弊社の取り扱いPETカードについて

弊社の取り扱いPETカードは、3種ございます。

・高品質PET:白色度が高く、コシの強い素材(オフセット印刷)
・再生PET:ペットボトルの再生素材を利用した環境配慮型商品(オフセット印刷)
・DTP PET:少量印刷、短納期に対応(オンデマンド印刷)

詳しくは、PETカード詳細にてご確認くださいませ。

少なくともPETカードは、紙ではないことがお分かり頂けたのではないでしょうか。

その他、ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

株式会社バズ・プランニング
杉山

2018年5月30日 4:30 pm Published by

Categorised in: ,

This post was written by Buzz planning