ベースカード

バズ・プランニングのホームページをご覧頂きありがとうございます。
社内資格証、講習会修了証、ファンクラブカードにおススメの「ベースカード作成プラン」について説明させて頂きます。

最近、「可変印刷を施すカードを小ロットで定期的に発行したい」というお問い合わせをたくさん頂きます。
例えば、社内資格の認定証で、毎月1回、数枚程度発行、という案件です。

これまでも「社員証プラン」にて対応させて頂いておりましたが、小ロット発行が定期的に発生する場合、
1枚あたりの単価が高くなることや、全面カードプリンタによる印刷(インクリボン)のため、印刷品質の制限などがデメリットでした。

そのデメリットを改善したのが「ベースカード作成プラン」となります。
詳しくは資料をご用意いたしましたので、こちら(PDF)をご覧くださいませ。

「ベースカード作成プラン」とは

予め、個人情報以外の共通デザイン部分のベースカードを作成し、後加工で1枚1枚に個人情報を可変印刷するプランです。
ベースカードを在庫として持ち、都度必要な枚数だけ可変印刷して納品します。

メリットについて

(1)高い印刷品質

ベースカードはデジタルオフセット(オンデマンドカード)、もしくはオフセット印刷(PVCカード)で対応しますので、
仕上りの全体的なクオリティが上がります。

価格面で、1000枚以下ではデジタルオフセット印刷、1000枚以上ではオフセット印刷がメリットがあります。

(2)必要なときに必要な枚数だけ作成

ベースカードを在庫として保管しますので、発注タイミング毎に変動する制作枚数に柔軟に対応します。

(3)スピーディーな納期対応

可変印字のみは4営業日以内、可変顔写真印刷は7営業日以内出荷が目安です。
※事前にベースカードを作成済みの場合

価格について

(1)ベースカード制作費用(オンデマンドカード 100枚:36500円~)
(2)基本料金(2980円)
(3)印刷枚数×単価(108円 or 432円)

・可変印字(テキスト):1枚あたり 108円
・可変顔写真印刷 :1枚あたり 432円

※基本料金(2980円)は、1枚のご発注でも都度発生します。
※価格は2017年7月現在のものです。予告なく変更する場合がございます。

ベースカードの保管について

基本的に弊社にてベースカードはお預かりいたします。
可変印字or可変顔写真印刷の発注毎に在庫から後加工印刷をさせて頂きます。

※なお、保管期間は最終発注後から1年間が目安となります。
最終発注から1年経過しましたら、ベースカードを一旦返却対応させて頂きます。

さいごに

定期的に小ロットでの発行が見込まれる、社内資格証、講習会修了証、ファンクラブカードには最適のプランです。
ご不明点などございましたら、気軽にご連絡下さいませ。

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。

株式会社バズ・プランニング

2016年11月16日 11:38 am Published by

Categorised in: ,

This post was written by Buzz planning