こんにちは。プラスチックカード印刷専門店のバズ・プランニングです。
   「今と同じカードを作りたいけど、デザインデータが無い・・・」
こんな悩みを抱えている方けっこういらっしゃいませんか?
理由は様々あると思います。
   ・今まで作成を依頼していた会社が無くなってしまった。
   ・前任者からの引継ぎがなく、どこに発注したかも分からない。
   ・営業時間や電話番号をだけ変更したいけど、デザインデータがない。
そんな方におススメの「デザイン再現プラン」のご紹介です。

デザイン再現プラン

デザイン再現プランは、現在使用中のカードとそっくりなデザインを作成致します。
デザインを作成する方法としては、主に現品カードからのスキャンやトレースを行います。ただし、これだけでは再現性の精度が劣りますので以下のような素材も合わせてご用意頂く必要があります。
   ・現品カード作成した印刷会社とのやり取りの履歴、PDFや素材ファイルなど
   ・ロゴの元データ(ロゴを使用している場合)
    ・カードに使用した写真画像や素材の元データ(写真画像など使用している場合)

デザイン再現プランの注意点

デザインを再現する上では、特に書体(フォント)、色味、ロゴの取り扱いには注意が必要です。

書体(フォント)

書体(フォント)の種類は、数千万種類以上あると言われてます。
見た目だけでは判断できない場合は、似たような類似フォントにて対応致します。
書体のご指定がある場合は事前にご指示くださいませ。

色味

カードの種類、仕様によっては同じような色、質感に再現できない可能性があります。
色の再現性が高いカード仕様は、PVCカード、再生PET、高品質PET、VIPカードです。
  ※単色などで作成されている場合は現品カードと色合わせを施します。
  ※色がCMYKの掛け合わせ、フルカラー表現、グラデーションで作成されているカードは、再現が難しい場合があります。予めご了承くださいませ。
色の再現性が低いカードの仕様は、DTP PETカード、オンデマンドカードです。
上記2種のカードは、単色で表現されているカードであっても、印刷色はCMYKでの掛け合わせで色表現するため、現品カードとの色合わせができません。そのため同じ色味を作ることはできません。

ロゴ

複雑なデザインやロゴ、イラストなどは、元データが必要となります。
※350dpi以上の高解像度のデータが望ましいです。下記の様な72dpiの低解像度では再現性が劣ります。
必ずロゴデータや元データの支給をお願いします。

こんなカードは再現できません

デザインを再現する行為で知らないうちに権利を侵害していたり、法に触れてしまうケースもあります。
以下のような案件については弊社でもお請け出来かねます。

個人情報カード

保険証や社員証、資格証など個人情報が含まれているカードについては、発行元以外からの受付できません。

著作権や肖像権が含まれるカード

アニメキャラクターや俳優、アイドルなど著作権や肖像権が含まれるカードは、著作権の帰属者・事務所からの許諾を得たもの以外は受付できません。またカードデザインそのものの著作権をお持ちでない場合も対応できません。権利の所在がどこにあるか事前に確認をお願いします。
アニメキャラクター画像

デザイン再現の可否判断します

携帯カメラなどで現品カードの表裏を撮影しお送りください。
素材の元データやロゴデータが必要かどうか、再現可能かどうかの可否判断などさせて頂きます。
ご希望の場合は、下記アドレス宛に、画像を添付しお送り下さいませ。

               ◆総合受付アドレス:info@buzzcard.jp
                (ご返信時間:平日9:30~17:30 )

その他デザインのリニューアルの相談や最適なカード仕様のご検討などについてなど、分からないことはすべて経験豊富なスタッフが分かりやすくサポートします。
お問合せはこちらからどうぞ→お問い合わせフォーム

プラスチックカード印刷のことなら専門店のバズ・プランニングにお任せくださいませ。

サンプルカード画像

サンプルカード請求リンク

<デザイン作成関連記事>

初心者向け、カードデザインの作り方

2020年7月20日 5:50 pm Published by

Categorised in:

This post was written by Buzz planning