こんにちは。プラスチックカード印刷の専門店、バズ・プランニングです。
一般的な印刷物の考え方として「まとまった数量で印刷をした方が、1枚あたりのコストを抑えられる」というものがあります。

しかし「数枚だけ必要」「できるだけ安価に」といった場合や、「セキュリティが心配」といった場合、『自分で作れたらいいのに』と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では、自分で1枚からプラスチックカードを作成できる市販キット「ラベル屋さん」でのプラスチックカード作成方法を解説いたします。
ぜひ最後までお読みください。
*本記事で紹介している商品のAmazonへのリンクはAmazonアソシエイトプログラムによるものです。商品に関するお問い合わせは各販売元へお願いいたします。

目次

  1. 「ラベル屋さん」とは?
  2. こんな方にはこの「ラベル屋さん」がおすすめ
  3. 「ラベル屋さん」を使って、IDカードを作ってみた
  4. 自作した感想
  5. 「IDカード作成キット」による自作に向いているケース

「ラベル屋さん」とは?

ラベル屋さん」(ラベル屋さん ラベル&カード作成ソフト)は、ラベルシールやカードを自分で簡単に作成できるソフトです。

スリーエム ジャパン株式会社が展開するエーワン(A-one)ブランドのラベルなどへ 簡単にオリジナル印刷を行う「ラベル屋さん ソフト」は1989年に公開されました。
公開30周年を迎えた2019年に全面リニューアルを行い、ユーザーエクスペリエンスを向上した現在の「バージョン10」が公開されました。
エーワン製品1,000種以上のラベルシールやカード用紙に文字やイメージ画像を配置・編集してデザインを作成し、印刷することができます。
テンプレートを利用して、簡単にラベルやカードのデザイン作成も可能です。
また、 差し込み機能を利用して、宛名や出荷ラベルの印刷もできるソフトです。

作業環境によって選択できるように、Web版、ダウンロード版、モバイル版アプリが提供されています。

こんな方にはこの「ラベル屋さん」がおすすめ

Web版、ダウンロード版、モバイル版アプリは、それぞれ以下のような方におすすめです。

Web版のご利用をおすすめの方

  • PCへインストールせずにご利用したい方
  • 簡易なデザインの方
  • 印刷枚数が少ない方
    Web版では画像の差し込み印刷はできません。
  • Web版で用意したフォントのみでOKの方
    ※Internet Exploreは非対応ブラウザです。Google Chromeでのご利用してください。

ダウンロード版のご利用をおすすめの方

  • 複雑なデザインの方(画像が多い、オブジェクトが多い等)
  • 印刷枚数が多い方(差し込み件数が多い等)
  • パソコンにインストールされているフォントをご利用の方(一部使用出来ないフォントもあります。)
  • 保存ファイルをダブルクリックして開きたい方(Web版はホーム画面から開く必要があります。)
  • インターネットへ接続しないで利用する場合がある方

モバイル版アプリのご利用をおすすめの方

  • パソコンを持っておらず、スマホやタブレットで作成したい方
  • 場所を選ばずデザインをしたい方
  • 印刷枚数が少ない方(差し込み印刷の必要のない方)
  • スマホのカメラを利用して、デザインしたラベルやシールを瓶などに貼りつけた際のイメージを確認できる「貼りつけAR機能」を使いたい方

参照:ラベル屋さん よくある質問「ラベル屋さん10はWeb版とダウンロード版どちらを使えばよいですか

「ラベル屋さん」を使って、IDカードを作ってみた

今回は、エーワン「IDカード作成キット」(品番:29531)を使用して、IDカード印刷に挑戦しました。
顔写真の差し込み印刷を行いたかったので、「ラベル屋さん ダウンロード版」を使用しました。

「IDカード作成キット」には、カード 10枚[素材:再生PET 100% 厚み:0.6mm  サイズ:86mm×54mm]+ラベル 5シート(10片)[耐水白フィルム シートサイズ:100mm×148mm(はがきサイズ) ラベルサイズ:86mm×54mm]が入っており、環境に優しい再生PET素材を使ったIDカードが作れるキットです。

完成品のサイズは、86mm×54mmのキャッシュカードサイズ、角丸長方形になります。

今回は、インクジェットプリンターを使用して作成しました。

使用したもの

まずは、今回使用したものをご紹介します。

作成手順

続いて、作成手順を説明します。

1.「ラベル屋さん」を開く

「web版」、「ダウンロード版」とも同じ手順になります。今回は、写真の差し込み印刷を行いたいので「ダウンロード版」を使いました。

今後も繰り返し使用するのであれば、「ユーザー登録」をするのがおすすめです。
ユーザー登録は、右上のログインボタンからできます。
ユーザー登録を行うと以下の機能が利用できるようになります。

  • ラベル屋さんソフトクラウドストレージサービス
  • SNS連携機能
  • 各社クラウドストレージサービス連携機能

※ユーザー登録をしなくても、作業を進めることはできます。

2.「差し込み新規作成」を押し、用紙を選択する

今回は、差し込み印刷でIDカードを作るので、ホーム画面の『差し込み新規作成』ボタンを押して、用紙選択画面に移ります。

パッケージに書かれている「品番」を検索バーに入力し、『検索』ボタンを押します。

エーワンが提供している「無料サイト」ですので、エーワンラベルの品番を入力するだけで、テンプレートが出てくるので便利です。
今回は、「IDカード作成キット」ラベル品番:29531 を入力しました。

3.テンプレートを選択する

カテゴリー「IDカード/名札用」を選択し、『決定』ボタンを押します。

表示されたテンプレートの中から、自分のイメージに合うものを選択します。
今回は「社員証-1」を選択し、オリジナルパターンを作成しました。

「このテンプレートを選択しますか」画面で『決定』ボタンを押します。

今回は自分で関連付けの設定を行いますので「関連付け設定の確認」画面で『しない』ボタンを押します。

4.デザインを編集する

右上にある『デザイン編集』ボタンを押し、「デザイン編集画面」を開きます。

デザイン編集画面で、上部にある『文字』『画像』『図形』『線』等のボタンを押し、素材を追加し、右側の『スタイル』画面で詳細を設定し、自分の作りたいデザインに編集します。

左側の『オブジェクトリスト』で鍵マークのついているアイテムは編集ができなくなっているので、編集したい場合は鍵マークをダブルクリックして鍵を外します。

編集の機能としては、以下の操作ができるので、一般的なラベルやカードのデザインとしては、十分な機能を備えています。

  • 文字の書体・大きさ・色を任意に設定することが可能
  • 図形の描画、線の太さ・色、塗りたしの色を任意に設定することが可能
  • 配置した項目を背面に設定したり、前面に配置することが可能
  • 写真やロゴマークの取り込みが可能
  • 「Ctrl+C(コピー)」、「Ctrl+V(貼り付け)」などの操作も可能
  • 顔写真を含んだ「差し込み印刷」が可能
  • 連番印刷やバーコードの印刷が可能

5.差し込み印刷のデータを読み込む

デザイン編集画面の右上の『次へ』ボタンを押して、「差し込み」画面へ進みます。

右上の『読み込み』ボタンを押して差し込みたいデータを取り込みます。

※印刷したいデータだけをExcelのシートに抜き出したものを取り込むのが、おすすめです。

6.取り込んだデータを関連付けする

取り込んだデータを印刷したい枠に印刷できるよう設定します。

取り込んだデータの表のタイトル行の青い矢印マークをクリックすると、そのデータ列が緑色に変化します。
上部のそのデータ列を流し込みたいオブジェクトをクリックすると、関連付けが行われ、データとオブジェクトが実線で結ばれます。

関連付けを解除する場合は×印をクリックします。

7.顔写真データを取り込む

今回は、リストに対応の顔写真を取り込みたい枠をクリックして、枠が緑色になったことを確認し、右の『画像を選択』ボタンを押し、取り込みたい顔写真を設定します。
設定すると、枠に顔写真データの場所のアドレスが自動入力されます。

顔写真の関連付けを行って無い場合は、顔写真を取り込んだ後に関連付けを行います。

顔写真データが多いときは、予めExcelのリストに顔写真データの保存場所アドレスの前に「file://」を付けたアドレスを入力し場所を指定しておくと便利です。

顔写真のデータの取り込みが完了したら、右の『次へ』ボタンを押してレイアウト確認画面に進みます。

8.印刷する

レイアウト確認画面でレイアウトを確認したら、右の『次へ』ボタンを押します。

右の『印刷する』ボタンを押して、プリンターで印刷をします。

今回は、6人分のIDカードのラベルを印刷しました。

9.カードにラベルを貼り付ける

エーワン「IDカード作成キット」(品番:29531)にセットされているカードには青い保護シールがついているので、この保護シールを外します。

印刷されたラベルには、ラベル端から1cmほどの位置に、切り込みがついています。
この切り込みの位置で、台紙を折り返しながら、貼り合わせます。
①上端を剥がして、カードとラベルの「上端どうし」で位置合わせをします。
②また、上端だけでなく、左右両端の位置も合わせるようにします。

※位置ぎめは、慎重にします。微細な位置ズレが意外と大きなズレになります。何度か、試してみることが必要のようです。
※裏面は、貼り直しができるような印象です。(メーカーに照会したところ、両面とも同じ表面基材とのことです)

10.透明ラベルを貼って完成

カード表面を保護するために、透明ラベルを貼り付けます。
今回は、株式会社エツミ「各種カード用保護フィルム 3枚入り」(品番:E-7358)を使用しました。

まず、付属のシートでカード表面のゴミや埃を払います。
つぎに、透明シールの片側(小さい方)を剥がします。
透明ラベルとカードの位置を合わせて、剥がしたラベル部分をカードに貼り付けます。
位置が決まったら、空気を抜きながら、残りのラベル部分を貼り付けていきます。

カードより、一回り小さいサイズですので、印刷ラベルを貼る時よりも簡単です。
 (印刷カードサイズ:86mm×54mm 透明ラベルサイズ:84.5mm×53mm)

完成したカード

なかなかキレイにできたのではないでしょうか。

自作した感想

  • 「ラベル屋さん」は宛名印刷や製品ラベルなど、さまざまな用途で使えそうな印象がしました。
  • 「ラベル屋さん」はカード印刷の[差し込み印刷]や[連番印刷]などを備えていて、ソフトとして使いやすく、十分な機能が備わっているように思いました。

  • IDカード作成に関して、唯一の難点は、カードと印刷用ラベルが、同一サイズのため、ジャストフィットさせるには、少し練習が必要だと感じました。
    ラベルサイズを1mmほど小さくすると使い勝手がよくなるように思いました。

  • カードの裏面(青い保護シートのついていない方)は、貼りやすい印象です。メーカーに照会したところ、おもて面も裏面も同一素材とのことです。
    ※個人的な使用感としては、裏面の方が、貼り直しが効くような印象です。
    ※ただし、おもて面、裏面とも貼り直しをすると気泡が発生しがちなので、ジャストフィットさせるためには、少し練習が必要だと感じました。

  • 保護用の透明シールについては、もう少し、薄いフィルムの方が、貼りやすい印象です。
    「印刷ラベルと、カードを貼り合わせる」作業に比べるとサイズが一回り小さいこともあり、貼りやすかったです。

「IDカード作成キット」による自作に向いているケース

自作に挑戦した結果、「IDカード作成キット」によるIDカードの作成に向いていると感じたケースは下記の通りです。

ICカード(NFCカード)を社員証として使いたいケース

Amazonや楽天市場でICチップ搭載の白無地カード(ICカード・NFCカード)を調達したものの、個別の印刷が困難なケースで、本キットの利用は最適です。
ラベルに社員情報を印刷して、手持ちのICカードに貼り付ければ、オリジナルIDカードが完成します。

別記事にて、ICカードと磁気カードの違い、社員証をICカード化するメリットやデメリット、NFCカードへの印刷についても解説していますので、こちらも合わせてお読みください。

=関連記事=

小規模事業者の従業者証明書を作りたいケース

少人数のスタッフなので必要なIDカードは数枚で良い。
かつ、プラスチックカード製は予算オーバーと感じている小規模事業者に、本キットでの自作は最適です。

別記事にて、従業者証明書について解説しています。こちらも合わせてお読みください。

=関連記事=

個人情報の持ち出しにリスクを感じるケース

セキュリティの都合上、社員の個人情報を扱うIDカードの作成は内製化したい、しかしプラスチックカード 専用プリンタの導入には二の足を踏んでいるという企業に、本キットでの自作は最適です。

別記事にて、IDカードの概要や、小ロットでプラスチックカードの印刷をする方法について解説しています。こちらも合わせてお読みください。

=関連記事=

プラスチックカード(IDカード)印刷のご依頼は、バズ・プランニングにお任せ

本記事ではプラスチックカードの自作方法について解説してきました。
とはいえ、高品質なプラスチックカード製のIDカードを導入したいという場合は、外注が最適です。印刷のご依頼はバズ・プランニングにお任せください。

プラスチックカード印刷専門店のバズ・プランニングでは、さまざまな制作実績がございます。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

他社には無いバズ・プランニングだけの「安心取引12サービス」で、初めてのプラスチックカード(IDカード)印刷も、経験豊富なスタッフが丁寧にサポート致します。
実際にどれくらいの価格で印刷できるのか気になる方は「価格表一」をご確認ください。

初めての方でも安心してご注文頂けるよう、無料サンプルをご用意しております。

>>「無料サンプルを請求する」

サンプルカード画像

2023年9月1日 2:27 pm Published by

Categorised in: , ,

This post was written by Buzz planning